シナに魅せられた人々

相田洋 著

[目次]

  • 1 タフで骨太な民間シナ学研究家・後藤朝太郎(シナ服・シナ帽で市中を歩き回る男
  • 少壮気鋭の言語学者・後藤朝太郎 ほか)
  • 2 芥川龍之介を食傷させたシナ風物研究家・中野江漢(北京の風物狂・中野江漢
  • 青雲の志を抱いて、シナに渡る ほか)
  • 3 魯迅に嫌われたシナ民衆文化研究家・井上紅梅(シナ五大道楽の案内人・井上紅梅
  • 謎の前半期からシナに渡るまで ほか)
  • 4 芥川龍之介を驚嘆させた稀代の戯迷(京劇狂)・辻聴花(龍之介、その「怪声」に驚く
  • 教育雑誌記者・辻聴花 ほか)
  • 5 シナ怪異譚『聊斎志異』に魅せられた二人の聊斎癖・柴田天馬、平井雅尾(『聊斎志異』に魅せられた「聊斎癖」
  • 「聊斎癖」以前の柴田天馬 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シナに魅せられた人々
著作者等 相田 洋
書名ヨミ シナ ニ ミセラレタ ヒトビト : シナツウ レツデン
書名別名 シナ通列伝

Shina ni miserareta hitobito
シリーズ名 研文選書 123
出版元 研文出版(山本書店出版部)
刊行年月 2014.11
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87636-388-9
NCID BB1733344X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想