「移民国家ドイツ」の難民庇護政策

昔農英明 著

移民政策が生み出す新たな「包摂と排除」。国家・市民社会・EUの三者間にある協調と対立に焦点を当て、移民政策・難民庇護の変化と内実を実証的に描き出す意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脱国家化・超国家化と再国家化の間で揺れ動く西欧諸国の移民政策(人の移動と国民国家の境界
  • 超国家化と再国家化の中での西欧諸国の移民政策)
  • 第2部 「非移民国家」ドイツにおける難民庇護政策と教会アジール(「非移民国家」における難民庇護と制限の論理
  • 国家のアジールと教会のアジール
  • 「監獄」に閉じ込められる難民-脱国家・超国境の研究アプローチの再考
  • 難民庇護の可視化と保護制度の「民主化」)
  • 第3部 移民国家ドイツにおける難民庇護(選別的な移民の受け入れと統合政策の構築
  • 「ヨーロッパの境界」にもとづく移民受け入れと排除の論理
  • ドイツへの残留と出身国送還の狭間におかれる難民
  • 脱国家化・超国家化と再国家化の間で揺れ動く難民庇護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「移民国家ドイツ」の難民庇護政策
著作者等 昔農 英明
書名ヨミ イミン コッカ ドイツ ノ ナンミン ヒゴ セイサク
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2014.10
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2166-8
NCID BB16913003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22484864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想