日本の難題を問う森林と水源地

伊藤滋, 小島孝文, 榛村純一, 高橋裕, 永田信, 古井戸宏通, 門馬淑子 著

日本の森林と水源地が危ない!!日本の森林比率66.3%!!森林大国日本は、木材輸入大国??山林1坪の評価額はなんと130円。今や日本の森林と水源地は全身衰弱状態である。はたして森の再生はなるのか!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 難問累積の河川上流域
  • 第2章 いったい森林は誰がどうやって管理していくのか?-人工林資源の活用に向けての一考察
  • 第3章 森林・林業再生プランの目標「木材自給率50%」再考
  • 第4章 森林組合長を50年間務めて想うこと-上下流共同の森林経営事業導入を
  • 第5章 我が国と似て非なるフランスの森と水の実情
  • 第6章 これからの森林地域
  • 第7章 水源地をとりまく本音のはなし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の難題を問う森林と水源地
著作者等 伊藤 滋
小島 孝文
山村振興調査会
榛村 純一
永田 信
高橋 裕
書名ヨミ ニホン ノ ナンダイ オ トウ シンリン ト スイゲンチ
書名別名 Nihon no nandai o to shinrin to suigenchi
出版元 万来舎
刊行年月 2014.8
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-901221-79-5
NCID BB16564797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22463769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想