日本王権論

網野善彦, 宮田登, 上野千鶴子 著

歴史学・民俗学・社会学の視覚から日本的権力の深層構造を解剖する白熱の討論。記念碑的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代王権のコスモロジー-王権と"外部"
  • 第2章 後醍醐の新政と民族史的転換-"聖"と"賎"の変化
  • 第3章 王権の変質-天皇制はいかにして存続したか
  • 第4章 近世社会における天皇の位置-フォークロアの中の天皇
  • 第5章 江戸王権の支配構造-階級社会と"礼"の構造
  • 第6章 現代の民俗コードと天皇制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本王権論
著作者等 上野 千鶴子
宮田 登
網野 善彦
書名ヨミ ニホン オウケンロン
出版元 春秋社
刊行年月 2014.5
版表示 新装版
ページ数 279p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-393-29160-3
NCID BA48979456
BB16341420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想