Fragments魂のかけら

佐藤慧 著

2011年3月11日、あらゆるものが津波に呑み込まれた陸前高田市。カメラを片手に灰色の街を歩く。母はどこにもいなかった。レンズは痛みの意味を求め、そこに生きる人々へと向かった。不条理に翻弄されながらも、人間が生きる意味とは何かを問う。岩手県出身フォトジャーナリスト佐藤慧が綴るフォトエッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「魂のかけら」
  • 「未来への意思」
  • 「あなたと共に」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Fragments魂のかけら
著作者等 佐藤 慧
書名ヨミ フラグメンツ タマシイ ノ カケラ : ヒガシニホン ダイシンサイ ノ キオク
書名別名 東日本大震災の記憶

Furagumentsu tamashi no kakera
出版元 かもがわ
刊行年月 2014.3
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7803-0693-4
NCID BB15441532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22387999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想