リーダーのための伝える力

酒巻久 著

利益を出すチームへと成長させるには?キヤノン電子を高収益企業へと成長させたカリスマ社長が教える、「部下の力を引き出す極意」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 部下のやる気を引き出し、闘う集団へと変える伝え方-意識と行動はどうすれば変わるか(リーダーはまず「夢と目標」を伝える-夢と目標のないリーダーでは、結果も出ないし、人も育たない
  • 夢と目標は簡潔に伝える-タイムリミットとマイルストーンの設定
  • リーダーは自らやってみせる-実際に結果を出してみせれば、みんながついてくる
  • リーダーに必要な「目配り、気配り、口配り」-ゴールまで部下を見守り、諦めないように鼓舞する
  • 部下を育てる質問力-解決策ではなく、自分で解決するための「考え方」を伝える
  • 部下は叱り倒して、こっそり褒める-期待している人間だからこそ、叱り、褒める)
  • 2章 コミュニケーション・ミスを防ぐ伝え方-「聞けない病」を撲滅する(「素直で謙虚な心」を部下にどう植え付けるか?-経験を積むと、人の話を聞かなくなる
  • 相手の立場に立って考える「恕」の心-製品開発も人材育成も「人の気持ち」がわかってこそ
  • 正しい指示と報告の方法-「言いっぱなし」「聞きっぱなし」にせず「確認する」
  • コミュニケーションの基本はフェイスツーフェイス)
  • 3章 伝わる話し方、伝わらない話し方-リーダーのための話し方の極意(伝える力の大前提-ほんとうに自分は正しく理解しているか?
  • 交渉相手を動かす伝え方-事前に相手方のキーマンの情報を調べ上げ、攻め処を突く
  • できる営業が伝えるべきこと-フットワーク、発信力、会社を動かす力)
  • 4章 伝わる文章と手書きの力-手でものを考えるということ(書くことは、考えること-上手に書ければ、話すのもうまくなる
  • 人を動かす手書きの力-「死にものぐるい」が相手の心を打つ)
  • 5章 暗黙知の伝え方-忍耐強くマンツーマンで(自分たちが会社を変えるという意識-当事者意識の欠如が暗黙知をダメにする
  • いかに効率よく学び、経験させるか-「実践→座学」のサイクルと、「執念」「人脈」の大切さ
  • 「温故知新」が教えてくれること-未来は必ず過去の延長線上にある
  • 「中庸」に学ぶ-幅広い知識や教養がなぜ大切なのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーダーのための伝える力
著作者等 酒巻 久
書名ヨミ リーダー ノ タメ ノ ツタエル チカラ : ナニ ガ ツタワレバ ソシキ ワ カワル ノカ
書名別名 何が伝われば組織は変わるのか?
出版元 朝日新聞
刊行年月 2014.3
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-251147-8
NCID BB15371528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22386130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想