よくわかる税法入門 = Easy to Comprehend Introduction to Japanese Tax Law

三木義一 編著

[目次]

  • 租税法律主義-社長の報酬を自由に決められない?
  • 租税回避-脱税・租税回避・節税の違いは?
  • 税法の体系-贈与したら、贈与者に所得税がかかる?
  • 応能負担原則-君と先生が同じ所得を得た場合、負担は同じか?
  • 課税最低限-健康で文化的な最低限度の生活費に税金?
  • 課税の限界-兄弟の税金まで払わなければいけない?
  • 所得税法(1)-所得概念-違法な所得も課税されるの?
  • 所得税法(2)-納税義務の範囲-天皇の納税義務?
  • 所得税法(3)-課税単位-夫の給料は誰のもの?
  • 所得税法(4)-所得分類-先生の原稿料は何所得だろう?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よくわかる税法入門 = Easy to Comprehend Introduction to Japanese Tax Law
著作者等 三木 義一
書名ヨミ ヨク ワカル ゼイホウ ニュウモン
書名別名 Easy to Comprehend Introduction to Japanese Tax Law
シリーズ名 有斐閣選書 206
出版元 有斐閣
刊行年月 2013.3
版表示 第7版.
ページ数 377p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-28131-8
NCID BB12140631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22225200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想