誤訳の常識

中原道喜 著

誤訳の『構造』・『典型』に続く三部作の完結編。頁を追わず、頁数に関係なく、どこを読んでも英語の「核」に触れ、楽しみながら学べる。翻訳で大切な役割を果たす「オノマトペ」を、「英←→和」の翻訳例で実証。これも本書のユニークな特長。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 誤訳の点描-珍訳のユーモア、独創訳の妙味(派手なスーツに身を包み
  • むき出しのベッドに腰を下ろし ほか)
  • 2 翻訳・誤訳の今昔-初期の辞書から同時通訳まで(初期の英和辞典に見られる"苦心訳"
  • 訳語の変遷 ほか)
  • 3 誤訳の姿態-さまざまな形の原文離れ(誤植に類した誤り
  • 誤植か誤訳か ほか)
  • 4 誤訳の類別-各種の誤訳の分類・解説(名詞
  • 代名詞 ほか)
  • 5 オノマトペ(擬音語・擬態語)-日本語の特技、翻訳の妙技(英→和の訳でオノマトペが多用される語
  • 翻訳とオノマトペ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誤訳の常識
著作者等 中原 道喜
書名ヨミ ゴヤク ノ ジョウシキ
書名別名 Goyaku no joshiki
出版元 聖文新社
刊行年月 2012.11
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7922-1710-5
NCID BB11038695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22186879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想