覚悟 = Resolution : 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか

栗山英樹 著

ダルビッシュ有の穴を埋めるために考えたこと。三原脩、野村克也、藤田元司…名将にあやかる。勝利を目指すために捨てる-。あの日、"栗山英樹"は死んだ。語りおろし!ルーキー監督歓喜と苦悩の備忘録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 やりたい野球なんてない-シーズン終盤、熾烈な優勝争い
  • 第1章 最大の危機をチャンスに変える-キャンプ〜開幕。日本人No.1投手・ダルビッシュ有が抜けた穴を埋める
  • 第2章 名将にあやかる-監督・栗山英樹誕生までと、理想のチーム
  • 第3章 組織を動かすということ-人生で一番長い10日間、3月30日〜4月9日
  • 第4章 失敗は、成功への一里塚-4月10日〜7月17日、悔しい敗戦に学んだ前半戦
  • 第5章 勝利のために理論を捨てることも必要である-シーズンを通して学んだベンチの野球学
  • 第6章 いかに潮目を読むか-死闘となった後半戦、優勝争いのなかで
  • 終章 人と比べない-ファイターズの愛情と、監督への覚悟

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覚悟 = Resolution : 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか
著作者等 栗山 英樹
書名ヨミ カクゴ : リロンハ シンジン カントク ワ ナゼ リロン オ ステタ ノカ
書名別名 Resolution

Kakugo
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2012.10
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-584-13453-5
NCID BB1063780X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想