私の青空二村定一 : ジャズ・ソングと軽喜劇黄金時代

菊池清麿 著

少年二村が描いた夢はオペラ歌手だった。恵まれた声を頼りに勇躍浅草オペラ界をめざしたが音大キャリアの壁に阻まれ、オペレッタへと舵を切った頃、昭和モダンの風が呼び寄せた洋楽(ジャズ)と出会う。音感豊かな二村はその才能を開花させ、日本最初のジャズ歌手となって栄光を手にした。しかし戦争が洋楽規制をもたらし、音楽軽喜劇に夢をかけた後半生は、エノケンとの出会いと別れの中で…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 下関時代
  • 2 浅草オペラ時代
  • 3 ジャズの隆盛
  • 4 ジャズシンガーの元祖
  • 5 初代流行歌の寵児
  • 6 エノケンとベーちゃん
  • 7 二村定一・熱きジャズへの想い
  • 8 エノケンとの決裂
  • 9 落日の挽歌
  • エピローグ-ジャズシンガーの終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の青空二村定一 : ジャズ・ソングと軽喜劇黄金時代
著作者等 菊池 清麿
書名ヨミ ワタクシ ノ アオゾラ フタムラ テイイチ : ジャズ ソング ト ケイキゲキ オウゴン ジダイ
書名別名 Watakushi no aozora futamura teiichi
出版元 論創社
刊行年月 2012.1
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-1117-8
NCID BB09217454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想