憲法改革の理念と展開  下巻

曽我部真裕, 赤坂幸一 編

この本の情報

書名 憲法改革の理念と展開
著作者等 曽我部 真裕
赤坂 幸一
書名ヨミ ケンポウ カイカク ノ リネン ト テンカイ : オオイシ マコト センセイ カンレキ キネン
書名別名 大石眞先生還暦記念

Kenpo kaikaku no rinen to tenkai
巻冊次 下巻
出版元 信山社
刊行年月 2012.3
ページ数 915p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5573-7
NCID BB09062096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「マッカーサー・ノート」を読み返す 笹川隆太郎
「意味の秩序」と自由 駒村圭吾
アメリカ憲法西へ行く 阿川尚之
インカメラ審理の憲法適合性について 笹田栄司
ドイツにおける一般平等取扱法についての憲法学的考察 木村俊夫
ドイツの現行憲法秩序における国立大学神学部の地位 初宿正典
加藤高明と陸奥廣吉 奈良岡聰智
南北戦争・再建期における「ひとつの人民」の形成に関する覚書 岸野薫
司法改革と司法権の独立 大沢秀介
国家の非宗教性と宗教的中立性 田近肇
在外国民の選挙権とサイバーデモクラシー 井出明
在外日本国民選挙権訴訟判決の射程 松本哲治
在監者の人権についての一考察 稲葉実香
基本権における「能力」の概念 ペドリサ・ルイス
外国人法制と多文化共生 近藤敦
憲法判断の過程と司法審査のあり方 尾形健
憲法裁判の正当性と民主主義の観念 井上武史
放送番組規律の「日本モデル」の形成と展開 曽我部 真裕
日本近代憲法学説史における剰余金支出違憲論争 須賀博志
明治四〇年の憲法改革 瀧井一博
生存権訴訟の可能性 井上亜紀
私人間効力論に関する幾つかの問題点の検討 齊藤芳浩
臨床研究と学問の自由 中山茂樹
若き原敬の国制観・外交観 伊藤之雄
財産税法制定過程における帝国議会論議と皇室財産課税 川田敬一
選挙権の法的性質 時本義昭
障がい者の統合教育と基本法第三条第三項第二文 手塚和男
韓国における司法革命 崔京玉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想