〈狐〉が選んだ入門書

山村修 著

著者のいう「入門書」とは、原典を理解するための補助をめざして書かれた本のことではない。著者はそれを「手引書」と呼んで、区別する。ある分野やことがらを対象に、一般の読者向けに、平明な文章で書かれているというのは無論のことだが、「入門書」はその書物自体が一個の作品となっていなければならない。それは思いがけない発見にみち、読書の歓びを与えてくれるだろう。各分野の厳選された入門書を紹介する画期的な読書案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言葉の居ずまい(国語辞典に「黄金」を掘りあてる-武藤康史『国語辞典の名語釈』
  • 敬語は日本語の肝どころ-菊地康人『敬語』
  • 奈良の都に交わされる声を探る-橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』
  • 人生への問いと文章の書き方-里見〓(とん)『文章の話』
  • 切れば血とユーモアの噴き出る文章術-堺利彦『文章速達法』)
  • 第2章 古典文芸の道しるべ(社会人に語りかける古典入門-藤井貞和『古典の読み方』
  • 古歌を読む分析的知性の強力さ-萩原朔太郎選評『恋愛名歌集』
  • 現代詩をめぐる「楽しい遍歴」-三好達治『詩を読む人のために』
  • 読むことのうれしさにみちた近代小説案内-窪田空穂『現代文の鑑賞と批評』)
  • 第3章 歴史への着地(歴史への抑えに抑えた怒り-エルンスト・H.ゴンブリッチ『若い読者のための世界史』
  • 歴史的想像力の剣さばき-岡田英弘『世界史の誕生 モンゴルの発展と伝統』
  • ブルジョワの二面性を鮮明に照らす-遅塚忠躬『フランス革命-歴史における劇薬』
  • 「記者魂」の躍如としたジャパノロジー-内藤湖南『日本文化史研究』
  • 歴史の直接的な肌ざわり-中村稔『私の昭和史』)
  • 第4章 思想史の組み立て(世相の向こうに「近代」の醜怪をあばく-金子光晴『絶望の精神史』
  • 考えるべきことを考えよという指針-田川建三『キリスト教思想への招待』
  • 思想史からの伝言-岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』
  • 本の「断片」を読みふかめる-内田義彦『社会認識の歩み』
  • アラビア語とイスラームとの切っても切れぬ関係-井筒俊彦『イスラーム生誕』)
  • 第5章 美術のインパルス(たっぷりとゆたかな「小著」-武者小路穣『改訂増補日本美術史』
  • 江戸絵画の見かたをかえる異色の水先案内-辻惟雄『奇想の系譜』
  • 画家の身にひそむ思想の筋力-菊畑茂久馬『絵かきが語る近代美術』
  • 「名画」という価値から解放された絵の見かた-若桑みどり『イメージを読む』
  • 二十世紀絵画に「感覚の実現」を読む-前田秀樹『絵画の二十世紀』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈狐〉が選んだ入門書
著作者等 山村 修
書名ヨミ キツネ ガ エランダ ニュウモンショ
シリーズ名 ちくま文庫 き19-4
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.4
ページ数 264p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42937-7
NCID BB08906090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想