ドコノモン

倉方俊輔 文・写真

魅力的な戦後建築は、日本中にまだまだ眠っています。新進気鋭の建築史家が街を歩き、「ひょっとしたら名建築?」を鑑定。見どころや時代背景を詳しく解説していきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 身近なドコノモン(ヤミ市の香りと最新ファサードの強力コラボ-ニュー新橋ビル(東京都港区1971年)
  • ゴージャス感あふれる手づくりの大娯楽場-味園ビル(大阪市中央区1956年)
  • 最も成功を収めた戦後日本のアイコン建築-渋谷109(東京都渋谷区1978年) ほか)
  • 第2章 意外なドコノモン(黒川流前衛を打ち出した"元祖"カプセルホテル-カプセルホテル・イン大阪(旧カプセル・イン大阪)(大阪市北区1979年)
  • "寅さん"の舞台になったモダニズム料亭-川甚本館(東京都葛飾区1964年)
  • ライトの弟子がつくった光の空間-嵐山カントリークラブハウス(埼玉県嵐山町1961年) ほか)
  • 第3章 隠れたドコノモン(永遠の楽土を目指した宇宙ロケット-阿知須合同納骨塔(山口県山口市1967年)
  • コラボレーションが生きた半世紀前の和モダン建築-ホテル井筒(長野県松本市1964年)
  • "発明和尚"が計画した観音寺院-円通寺本堂(東京都荒川区1981年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドコノモン
著作者等 倉方 俊輔
書名ヨミ ドコノモン
書名別名 Dokonomon
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2011.12
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8222-6064-4
NCID BB08087794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22032455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想