人生に生きる価値はない

中島義道 著

人が生れるのも死ぬのも、苦しむのも楽しむのも、何の意味もない。人類も地球もどうせ消滅するのだから、この世のすべてに意味はない。だからこそ好き勝手な価値を創造し、自分の奥底から湧き出す欲望の実現に励むのだ。ニヒリズムの向こうに輝く一筋の光明、全身に横溢して来る自由な気分。一度読んでビックリ、二度読んでスッキリ。「明るいニヒリズム」がきらめく哲学エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 道徳の暴力(いじめの「本当の」原因
  • 鹿鳴館 ほか)
  • 2 あれも嫌い、これも嫌い(知的エリート主義
  • ラカン ほか)
  • 3 哲学的に生きるには(私を「克服」する?
  • 他人の幸福 ほか)
  • 4 この世界が「ある」ということ(ニーチェの季節
  • 明るいニヒリズム ほか)
  • 5 中島さんってそういう人?(持続するいま
  • ルドルフ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生に生きる価値はない
著作者等 中島 義道
書名ヨミ ジンセイ ニ イキル カチ ワ ナイ
書名別名 Jinsei ni ikiru kachi wa nai
シリーズ名 新潮文庫 な-33-10
出版元 新潮社
刊行年月 2011.10
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-146730-6
NCID BB06918805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21989798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想