開発援助と人類学 : 冷戦・蜜月・パートナーシップ

佐藤寛, 藤掛洋子 編著

[目次]

  • 1 人類学と開発問題(開発援助と人類学の関係
  • 開発人類学の展開
  • 開発人類学の認識論-「人類学的」応用の意味するもの
  • 文化人類学と国際医療協力のつながり・へだたり-KAPサーベイをめぐって)
  • 2 実践の現場から(エミックな視点から見えるトイレの問題-現地社会の内側からの理解とは
  • 開発援助実践のフィールドワーク-「わたしたちが変わる」場づくりのために
  • 「人々のことば」と「開発のことば」をつなぐ試み-開発援助におけるコミュニケーションを再考する
  • ローカルな文脈とジェンダーの接点を求めて-開発実践者の立ち位置を考える
  • 開発実践における「プロセスの記述」-ザンビアとタンザニアのフィールドからの学び
  • 開発の「正義」と見えない代価のはざま-東アフリカ潅漑地への入植と健康被害を垣間見て
  • 健康と病をどう捉えるか-ネパール農村女性の妊娠、出産、産褥期の健康希求行動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発援助と人類学 : 冷戦・蜜月・パートナーシップ
著作者等 佐藤 寛
藤掛 洋子
鈴木 紀
書名ヨミ カイハツ エンジョ ト ジンルイガク : レイセン ミツゲツ パートナーシップ
出版元 明石書店
刊行年月 2011.6
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-3410-3
NCID BB05880751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想