日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 : 東北線誕生物語

中村建治 著

日本初の民間鉄道会社「日本鉄道」。本書では、その創立前夜から東北線全線開業までの明治鉄道人のドラマを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 26時間で東京〜青森間を結ぶ、初の私鉄が9年余で完成
  • 第2章 日本初の鉄道会社が誕生し、岩倉具視が「日本鉄道」と命名
  • 第3章 東京起点は逆転で「上野」に、攻防を経て「山手線」を開業
  • 第4章 東北方面の分岐は「大宮」に、仙台では厳寒深夜の開業式
  • 第5章 海岸路線に軍部が横ヤリ、3日間にわたり全通式典
  • 第6章 山手・磐城・日光線等も建設、国有化され25年の経営に幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 : 東北線誕生物語
著作者等 中村 建治
書名ヨミ ニホン ハツ ノ シテツ ニホン テツドウ ノ ヤボウ : トウホクセン タンジョウ モノガタリ
書名別名 Nihon hatsu no shitetsu nihon tetsudo no yabo
シリーズ名 交通新聞社新書 025
出版元 交通新聞社
刊行年月 2011.2
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-330-19211-6
NCID BB05691602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想