文学部がなくなる日 : 誰も書かなかった大学の「いま」

倉部史記 著

「進学できないから就職する」時代から、「就職できないから、とりあえず進学する」時代へ。いまや高校生の二人に一人が大学に進学。一方で少子化が進行し、定員割れの大学が増加している。生き残りをかけ、大学は改革に必死だ。さまざまな矛盾や課題を抱えながらも変わっていく大学のリアルな「いま」を、当事者の視点で語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大学がつぶれる
  • 第2章 変わっていく文学部
  • 第3章 一変した大学の風景
  • 第4章 生き残りをかけた大学の戦い
  • 第5章 入試と今後の大学のあり方
  • 第6章 「大学選び」を変える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学部がなくなる日 : 誰も書かなかった大学の「いま」
著作者等 倉部 史記
書名ヨミ ブンガクブ ガ ナクナル ヒ : ダレ モ カカナカッタ ダイガク ノ イマ
書名別名 Bungakubu ga nakunaru hi
シリーズ名 主婦の友新書 017
出版元 主婦の友社
刊行年月 2011.3
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-07-275895-3
NCID BB04760233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21895728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想