ローカルバスの終点へ

宮脇俊三 著

何もないところには何もないなりの良さがある!普段、鉄道の車窓から見ていたローカルバスに心惹かれた著者が、二万五〇〇〇分の一の地図を片手に、鉄道も通わぬ「僻地」巡りの旅に出る!中空を行くかのような尾根道や、ミカンの段々畑に被われた岬・入江などを通って、北海道から沖縄まで、二三の路線バスの終点を訪ねる。そこはローカル鉄道の終点よりも鄙びた風情があった-。現在の終点へのアクセス情報も掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 北海道(川白(古宇郡神恵内村)
  • 北二号(野付郡別海町) ほか)
  • 第2章 東北・関東(九艘泊(青森県下北郡脇野沢村)
  • 湯ノ岱(秋田県北秋田郡森吉町) ほか)
  • 第3章 中部(室谷(新潟県東蒲原郡上川村)
  • 飯尾(山梨県北都留郡上野原町) ほか)
  • 第4章 近畿・中国・四国(大杉(三重県多気郡宮川村)
  • 田歌(京都府北桑田郡美山町) ほか)
  • 第5章 九州・沖縄(中山(宮崎県東臼杵郡南郷村)
  • 野間池(鹿児島県川辺郡笠沙町) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローカルバスの終点へ
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ ローカル バス ノ シュウテン エ
書名別名 Rokaru basu no shuten e
シリーズ名 新書y 242
出版元 洋泉社
刊行年月 2010.12
ページ数 303p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86248-626-4
NCID BB04328334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21859339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想