量子ドット太陽電池 : 「変換効率50%以上」を目指す,革新的太陽電池技術

岡田至崇 著

高度な製造技術を持つ者だけが到達できる究極の太陽電池。結晶シリコン太陽電池の光電変換効率が理論限界に迫りつつある今、さらなる発電コストの低下を目指して、次世代型太陽電池の研究開発が世界各地で始まっている。本書は、最大理論効率85%ともいわれる「量子ドット太陽電池」をはじめとした第三世代太陽電池について、その研究の第一人者が基礎から最新の研究開発動向、製造技術までをわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新型超高効率太陽電池への期待
  • 第2章 「量子ドット」とは何か-量子力学の基礎から
  • 第3章 「第三世代太陽電池」とは何か
  • 第4章 量子ドット太陽電池
  • 第5章 量子ドット太陽電池の作製技術
  • 第6章 さらなる太陽光発電の普及に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子ドット太陽電池 : 「変換効率50%以上」を目指す,革新的太陽電池技術
著作者等 岡田 至崇
書名ヨミ リョウシ ドット タイヨウ デンチ : ヘンカン コウリツ 50% イジョウ オ メザス カクシンテキ タイヨウ デンチ ギジュツ
出版元 工業調査会
刊行年月 2010.7
ページ数 152p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7693-7182-3
NCID BB02632254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21800914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想