家族と格差の戦後史 : 一九六〇年代日本のリアリティ

橋本健二 編著

映画のヒット、当時の社会状況や文化を紹介する書籍の相次ぐ刊行などを受けて「昭和30年代」がブームになり、ノスタルジックな商品・消費はもはや定着したといってもいい。温かな地域コミュニティがあり、貧しいながらも夢や希望にあふれた時代と捉えられている高度経済成長初期は、しかし現実的にはどのような社会状況だったのか。1965年のSSM調査に残る貴重なデータを使い「思い出語り」を剥ぎ取るなかで見えてくる当時の家族の実態や世帯収入、職業、格差の現実を、いくつかの具体的なテーマから照らし出す。戦争の爪痕が残る「昭和30年代」の家族構成や厳しい所得格差を明らかにして当時のリアリティを浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-よみがえる一九六〇年代の家族と生活
  • 第1章 一九六五年の日本-社会背景と問題の所在
  • 第2章 激変する社会の多様な就業構造
  • 第3章 三丁目の逆光/四丁目の夕闇-性別役割分業家族の布置と貧困層
  • 第4章 転換期における女性の就業
  • 第5章 独身男の肖像
  • 第6章 戦後社会にみる戦争の影響
  • 第7章 社会階層における前近代と近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族と格差の戦後史 : 一九六〇年代日本のリアリティ
著作者等 仁平 典宏
佐藤 香
元治 恵子
小暮 修三
橋本 健二
書名ヨミ カゾク ト カクサ ノ センゴシ : 1960ネンダイ ニホン ノ リアリティ
書名別名 Kazoku to kakusa no sengoshi
シリーズ名 青弓社ライブラリー 63
出版元 青弓社
刊行年月 2010.1
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3308-0
NCID BB00829087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想