バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか

香川貴志 著

バンクーバーに対する評価の高さはどこからくるのか。その謎を現地で1年近く暮らし、その後も幾度となく現地を訪問している著者が、自ら集めた資料やフィールドノート、見聞し経験した事柄などをベースにして解いてみたい。取り上げる対象には、観光客がほとんど行かない現地の生活と密着した場所や施設も積極的に盛り込んだ。そこにこそ生活環境に対する高い評価の秘密が隠されているからである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バンクーバーとはどういう都市か?
  • 1 バンクーバーへのいざない
  • 2 動く、乗る、楽しむ-乗ってみたい珍しい乗りものたち
  • 3 バンクーバーのエッセンス-ダウンタウンとスタンレーパーク
  • 4 都会の中のオアシス-フォールスクリークとその周辺
  • 5 ぶらぶら、らぶらぶ、市街地
  • 6 郊外へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか
著作者等 香川 貴志
書名ヨミ バンクーバー ワ ナゼ セカイイチ スミヤスイ トシ ナノカ
書名別名 Bankuba wa naze sekaiichi sumiyasui toshi nanoka
シリーズ名 叢書・地球発見 14
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2010.2
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7795-0014-5
NCID BB00572661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21710585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想