広告のクロノロジー : マスメディアの世紀を超えて

難波功士 著

デジタル化、ネットワーク化、モバイル化-激変するメディア環境のなか、テレビを中心とするマス広告は朽ちつつあるのか。過去と現在を同時に見据え、未来への胎動を探る、世紀を超えた年代記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 広告史の諸相(広告の生まれるところ
  • ポスターの社会空間
  • 戦前の関西広告史をめぐって
  • 昭和前期の『広告界』
  • 広告賞の政治学
  • プロパガンディストの読書空間)
  • 第2部 広告の現在に向けて(画期としての一九五一年
  • 広告クリエイティヴにおける二つのビッグバン
  • 広告/身体/アイデンティティ
  • 広告を文化として語る社会-日本の一九七〇〜八〇年代を題材として
  • 日本のテレビCMの困難をめぐって
  • アジア消費社会と広告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広告のクロノロジー : マスメディアの世紀を超えて
著作者等 難波 功士
書名ヨミ コウコク ノ クロノロジー : マスメディア ノ セイキ オ コエテ
書名別名 Kokoku no kuronoroji
出版元 世界思想社
刊行年月 2010.1
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1447-7
NCID BB00530173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21747882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想