グーテンベルクからグーグルへ : 文学テキストのデジタル化と編集文献学

ピーター・シリングスバーグ 著 ; 明星聖子, 大久保譲, 神崎正英 訳

デジタルの「本」の氾濫は、文学研究の制度、ひいては人文学研究の制度全体に根本から揺さぶりをかける。"Googleショック"の本質を衝く必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二一世紀における手稿、本、そしてテキスト
  • 第2章 複雑性、耐久力、アクセス可能性、美、洗練、そして学術性
  • 第3章 書記行為理論
  • 第4章 書記行為を再現するための電子的インフラストラクチャー
  • 第5章 ヴィクトリア朝小説-読みを形づくる形
  • 第6章 電子テキストのじめじめした貯蔵室
  • 第7章 編集文献学の競合する目的を調和させることについて
  • 第8章 聖人崇拝、文化のエンジニアリング、モニュメントの構築、その他の学術版編集の機能
  • 第9章 審美的な対象-「私たちの喜びの主題」
  • 第10章 文学研究における無知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グーテンベルクからグーグルへ : 文学テキストのデジタル化と編集文献学
著作者等 Shillingsburg, Peter L
大久保 譲
明星 聖子
神崎 正英
シリングスバーグ ピーター
書名ヨミ グーテンベルク カラ グーグル エ : ブンガク テキスト ノ デジタルカ ト ヘンシュウ ブンケンガク
書名別名 From Gutenberg to Google
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2009.9
ページ数 340, 13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1671-8
NCID BA91548913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21749075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想