琉球の歴史

東恩納寛惇 著

[目次]

  • 目次
  • 一 開闢伝説 / p1
  • 二 琉球と沖繩 / p8
  • 夷邪久と琉球 / p10
  • 三 南島統治 / p16
  • 四 為朝伝説 / p17
  • 鬼が島・鬼界島・琉球 / p25
  • 五 舜天王統 / p28
  • 六 英祖王統 / p29
  • 七 三山分立 / p33
  • 八 察度王統 / p36
  • 九 朝貢関係 / p38
  • 一〇 三十六姓移民の渡来 / p43
  • 一一 尙巴志王統 / p47
  • 濱魯古結制〔おろくうつち〕 / p49
  • 三山の形勢 北山監守 からは旅 / p51
  • 首里王都の建設 / p54
  • 高麗瓦匠 千代金丸 / p55
  • 一二 尙円王統時代 / p57
  • 伊平屋島 / p57
  • 百按司墓 きみてすりの神 玉陵 / p60
  • 中央集権 / p64
  • 万国津梁鐘 / p68
  • 慶長前における島津氏との関係 / p72
  • 儒仏の対立 尙清 / p77
  • 一三 慶長の役と薩摩の戦後経営 / p81
  • 慶長役 / p83
  • 藩摩軍の戦利 / p84
  • 一四 島津氏の琉球統治機関 / p85
  • 島津氏の戦後経営 / p86
  • 一五 冊封使と在番奉行 / p89
  • 一六 向象賢とその政治 / p92
  • 黄金のたが / p94
  • 羽地仕置の基点 / p95
  • 日琉同祖論の根拠 / p97
  • 一七 蔡温とその政治 / p99
  • 評価方の問題 旅行人心得 / p108
  • 封舟渡海の費用 封舟 渡海人役 / p110
  • 跟役 琉球人戴網巾 従客 / p113
  • 進貢方物 / p115
  • 海表恭藩印 / p120
  • 一八 伯徳令と琉球語の聖書 / p122
  • 琉球語聖書の著者 / p122
  • 伯徳令の住宅 / p124
  • 伯徳令の和漢文字に関する知識 / p126
  • 聖書について琉球語の研究 / p129
  • 翻訳事業の進行 / p132
  • 一九 琉球の学問と四書俚諺鈔 / p138
  • 貞斉と遯庵 / p140
  • 二〇 幕末の風雲 / p142
  • 宝島 / p144
  • 二一 明治維新と琉球 / p146
  • 二二 台湾征伐 / p148
  • 二三 最後の冊封 / p151
  • 二四 分島問題 / p153
  • 士族株の下落 / p158
  • 二五 位階組織 / p161
  • 大名方 士族 平民 / p162
  • 島知行 / p164
  • 王 王子 按司 親方 / p168
  • 親雲上 里主 里之子親雲上 筑登之親雲上・筑登之 子・屋仁 / p173
  • 官職制 / p178
  • 姓及び名 / p182
  • 二六 琉球の最後 / p185
  • ひめゆり部隊 / p188
  • 二七 日本敗戦のしわよせ琉球、宿命の二十九度線 / p189
  • 国族問題 / p192
  • 土地問題 / p194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 琉球の歴史
著作者等 東恩納 寛惇
書名ヨミ リュウキュウ ノ レキシ
書名別名 Ryukyu no rekishi
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1957
版表示 増補版
ページ数 197p 図版
大きさ 19cm
NCID BA90755887
BN04677815
BN06195291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想