臨床実践としてのコミュニティ・アプローチ

窪田由紀 著

学生相談やスクールカウンセリングを変える「臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチ」。これは、問題を周囲の人々との関係の中で捉え彼らに働きかける、狭義のカウンセリングの技法にこだわらず多様な方法を用いる、問題解決に際してクライエント本人の力を重視する、というもの。既存のいくつかのアプローチを、よいところはそのままに統合・発展させ、個からネットワーク、支援システムまでを視野に入れて、日に日に増す「こころの健康」へのニードに応えようとする斬新な方法である。コミュニティ臨床心理学は、多職種とどう協働していくか、ということを含み、これは臨床心理士に限らず、あらゆる援助職や学校関係者がもちたいと願っている力ではないだろうか。統合失調症の大学生、DV被害の女子学生、問題行動がめだつ中学生、学力低下の大学生、教師のハラスメントが発覚した高校…筆者の経験した多様な事例を読みながら、「個の変容」と、「個と環境の適合」の両方をしなやかに援助するhow toを、学べる1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 臨床心理学の新しい活動モデルをめぐって(コミュニティにおける心理援助の課題
  • 臨床心理学における新しい活動モデルの提案)
  • 第2部 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチの創出-実践を通してのモデル生成(精神科デイケアにおける統合失調症者への支援事例から
  • キャンパスにおける統合失調症学生への支援事例から
  • 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチの創出)
  • 第3部 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチによる援助の実際-実践を通しての検討過程(DV被害学生への支援事例から
  • 荒れた中学校へのシステム・コンサルテーションの事例から
  • 修学問題のためのキャンパス・トータル・サポートプログラムの事例から
  • 学校コミュニティへの緊急支援システムの構築と運用-教師の不祥事発覚後の高校への支援事例から)
  • 第4部 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチのモデル化(臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチの定義と構成要素
  • 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチのプロセス
  • 臨床心理学的コミュニティ・エンパワメント・アプローチ実施上の留意点)
  • まとめと今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床実践としてのコミュニティ・アプローチ
著作者等 窪田 由紀
書名ヨミ リンショウ ジッセン ト シテノ コミュニティ アプローチ
書名別名 Rinsho jissen to shiteno komyuniti apurochi
出版元 金剛
刊行年月 2009.4
ページ数 229p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1067-0
NCID BA89979333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21673286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想