頼山陽

大倉桃郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、母の力 / 2
  • 不健康な少年 / 2
  • お話と武者繪 / 9
  • 男子志を立つ / 16
  • 大楠公の墓畔 / 26
  • 二、江戶の一年 / 39
  • 尾藤二洲の話相手 / 39
  • 泣いた豪傑 / 44
  • 線香一本の間 / 50
  • 大義名分の鏡 / 53
  • 三、莊嚴な忠 / 60
  • 國史の必要 / 60
  • 心の惱み / 66
  • 不行儀者 / 71
  • 逃亡と監禁 / 75
  • 著述に着手 / 82
  • 廢嫡 / 87
  • 黃葉夕陽村舍 / 89
  • 願望の吿白 / 92
  • 四、京都に獨立 / 100
  • 開いた山陽塾 / 100
  • 名聲高まる / 103
  • 無双の詩人 / 108
  • 四年ぶりの父 / 112
  • 日本外史を隱す / 116
  • 春水歿す / 121
  • 五、九州めぐり / 126
  • 筥崎宮の感激 / 126
  • 淸人を戒む / 129
  • 天草洋の詩 / 134
  • 植木の手傳ひ / 137
  • 日本外史の訂正 / 138
  • 感心した秀才 / 140
  • 筑後川の古戰場 / 142
  • 耶馬溪紹介 / 144
  • 六、母の慰安 / 146
  • 春の中國路 / 146
  • 嵐山雪の茶屋 / 150
  • 月と時鳥の畫 / 153
  • 資愛卿の招待 / 158
  • 姬路の一喝 / 165
  • 母を待つ雨の音 / 167
  • 大和心になりぬべし / 173
  • 七、日本外史 / 180
  • 所望の使者 / 180
  • 父の遺志をつぐ / 187
  • 岸駒へこむ / 190
  • 小僧の惡評 / 194
  • 樂翁の讃辭 / 201
  • 大納言來り訪ふ / 204
  • 八、文星輝く / 211
  • 晩年の生活 / 211
  • 忠臣の山水畫 / 218
  • 病床の奮鬪 / 224
  • 歸らぬ眠り / 232
  • 玉はうづもれず / 234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 頼山陽
著作者等 大倉 桃郎
書名ヨミ ライ サンヨウ
出版元 講談社
刊行年月 昭和18
ページ数 253p
大きさ 19cm
NCID BA88355831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45012289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想