日本文化の空間学

桑子敏雄 編

風土が抱く価値構造の新たな認識と展開へ数値的・経済的地域把握を超えた、国土空間認識の理念と方法。伝承された知を媒介に、自然再生と新たな地域づくりを目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 方法としての空間学(方法としての空間学
  • 「游歩謀讃」としてのフィールドワークショップ-創発的方法の空間学のすすめ方
  • スケッチ道場へようこそ-記憶・伝達の手法としてのスケッチ術入門
  • 日本の川と風土
  • サスティナブルな地球環境デザインの作法と技法
  • 山・川・海をつなぐ水陸両用の神々と水の技術
  • 地域づくりと実践的学問-地域ネットワークの継承と再生を目指して)
  • 第2部 空間構造を読み解く「龍宮からの贈り物」-環有明海の地域づくりに向けて(佐賀平野の空間構築-ふるさとの見分け方と住民合意
  • 佐賀の水と景観
  • 嘉瀬川石井樋の再生-空間構造を読み解く
  • 有明海の龍宮から佐賀平野を見る
  • 佐賀平野と「ふるさとの見分け方」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化の空間学
著作者等 桑子 敏雄
書名ヨミ ニホン ブンカ ノ クウカンガク
書名別名 Nihon bunka no kukangaku
シリーズ名 未来を拓く人文・社会科学シリーズ 12
出版元 東信堂
刊行年月 2008.8
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88713-860-5
NCID BA8706307X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21482209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想