水をめぐるガバナンス : 日本、アジア、中東、ヨーロッパの現場から

蔵治光一郎 編

水危機は地球温暖化とともに文明存続の危機だ。具体的事例を通じ、多様なアクター協働による「青の革命」への展望を拓く。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水のガバナンスとは何か-日本の水管理の歴史と現状、将来展望
  • 川と流域のガバナンス(武庫川での実践-総合的な計画づくりへの挑戦
  • 「物部川方式」を考える-流域連携の新しい可能性)
  • 川と流域のガバナンスと法制度-総合性と国家責任から見た武庫川と物部川
  • ダム建設と水没移転のガバナンス-開発に求められる新たな価値とは
  • 国際河川のガバナンス(中東-ユーフラテス川をめぐる紛争、その対立点と強調の可能性
  • アジア-メコン川流域をめぐる紛争と交渉
  • ヨーロッパ-ドナウ川とダム問題、環境政策と水政治学)
  • 水のローカル・ガバナンスとグローバル・ガバナンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水をめぐるガバナンス : 日本、アジア、中東、ヨーロッパの現場から
著作者等 蔵治 光一郎
書名ヨミ ミズ オ メグル ガバナンス : ニホン アジア チュウトウ ヨーロッパ ノ ゲンバ カラ
書名別名 Mizu o meguru gabanansu
シリーズ名 未来を拓く人文・社会科学シリーズ 5
出版元 東信堂
刊行年月 2008.1
ページ数 12, 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88713-808-7
NCID BA84906467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21371612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想