日本映画、崩壊 : 邦画バブルはこうして終わる

斉藤守彦 著

シネコンの台頭、テレビ局の市場介入、映画ファンドの闇、製作委員会の功罪、原作に奢る出版社、提灯持ちライター…映画誌&映画業界紙が書けない、映画評論家&ライターも知らない、これが、現在の日本の映画業界のすべてだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 2006年、日本映画バブル元年
  • 第2章 日本映画が抱える"ヒト"の問題
  • 第3章 シネコンによる市場改革
  • 第4章 映画業界に流入する"カネ"の正体
  • 第5章 ハリウッド映画のプライドと傲慢
  • 第6章 ハリウッド・メジャーが日本映画を製作する
  • 第7章 映画ジャーナリズムの没落
  • 第8章 映画がヒットして得する人
  • 第9章 我が国映画市場に横たわる根本的矛盾
  • 最終章 日本映画の、明日はどっちだ?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本映画、崩壊 : 邦画バブルはこうして終わる
著作者等 斉藤 守彦
書名ヨミ ニホン エイガ ホウカイ : ホウガ バブル ワ コウシテ オワル
書名別名 Nihon eiga hokai
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2007.9
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-00132-5
NCID BA83447954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21305227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想