文学史の古今和歌集

森正人, 鈴木元 編

古今和歌集は成立以来、歌集の規範となり、文学のみならず文化の源泉であり続けた。古今和歌集はどのような文学伝統を継承し、いかなる言葉の世界を織りなしているのか。どのように読み継がれ、享受され、古典となり得たのか。文学史としての古今和歌集をテーマに9人の気鋭の研究者が新見を交えて平易に説き明かす。永青文庫の地で催された「古今和歌集1100年熊本フォーラム」の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『古今和歌集』の世界-生動する歌ことば
  • 第2章 『萬葉』から『古今』へ-国風暗黒時代をめぐる一つの解釈
  • 第3章 『古今集』前夜-『新撰万葉集』の試みと蹉跌
  • 第4章 『古今和歌集』の撰集-女性歌人伊勢の歌はなぜ選ばれたのか
  • 第5章 屏風絵と屏風歌と物語
  • 第6章 引歌と本歌取り-「古典」としての『古今集』
  • 第7章 古今伝授とは何か
  • 第8章 近世堂上派の『古今集』享受-萩原宗固を中心に
  • 第9章 永青文庫の『古今集』資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学史の古今和歌集
著作者等 久保田 啓一
山崎 健司
森 正人
浅田 徹
鈴木 元
鈴木 宏子
青柳 隆志
高野 晴代
竹嶋 麻衣
徳岡 涼
書名ヨミ ブンガクシ ノ コキン ワカシュウ
書名別名 Bungakushi no kokin wakashu
シリーズ名 古今和歌集 160
和泉選書 160
出版元 和泉書院
刊行年月 2007.7
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7576-0418-6
NCID BA8240537X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21285993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想