自己欺瞞と自己犠牲 : 非合理性の哲学入門

柏端達也 著

非合理性が日常にもたらすつまずきやほころびを丹念に解きほぐし、行為を新しい観点から捉える一風変わった哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自己欺瞞(自己を欺くとはどのようなことを言うのか
  • 信念の論理と高階の自己欺瞞)
  • 第2部 自己犠牲(自己犠牲的行為ははたして可能か
  • 決断の不可能性に関するいくぶん形式的なスケッチ
  • 価値の分裂と理由のない決断、そして自己犠牲
  • 共同行為という観点
  • どうすれば合理的に自己を犠牲にできるのか
  • 自己犠牲に共同性はほんとうに必要か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己欺瞞と自己犠牲 : 非合理性の哲学入門
著作者等 柏端 達也
書名ヨミ ジコ ギマン ト ジコ ギセイ : ヒゴウリセイ ノ テツガク ニュウモン
書名別名 Self-deception and self-sacrifice

Jiko giman to jiko gisei
シリーズ名 双書エニグマ 13
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.2
ページ数 266, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19916-7
NCID BA81041085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21199678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想