黄金の島ジパング伝説

宮崎正勝 著

ヨーロッパ人が夢見た、黄金にあふれる国ジパング。なぜ、日本が黄金の国だと思われたのか。金銀の産出量と輸出入量、金銀政策、各国による金銀島探索の思惑など、日本・アジア・ヨーロッパの視点から伝説の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間の欲望と黄金-プロローグ
  • イスラーム商人が夢想した黄金島
  • 黄金の島から銀の島へ
  • スペインとオランダを引き付けた金銀島
  • 蝦夷島のゴールドラッシュ
  • オランダの北方探索の顛末
  • 海霧に消えた黄金島-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金の島ジパング伝説
著作者等 宮崎 正勝
書名ヨミ オウゴン ノ シマ ジパング デンセツ
書名別名 Ogon no shima jipangu densetsu
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 226
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.2
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05626-7
NCID BA80144038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21182418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想