漢字伝来

大島正二 著

およそ二〇〇〇年前にやってきた中国生まれの漢字を、言語構造の異なる日本語の中にどのように取り入れたのだろうか。朝鮮の文化的影響を強く受けたその伝来の初めから、漢字文化が確立して、漢字に基づく片仮名・平仮名が誕生するまでの軌跡を興味ぶかいエピソードを交えてたどる。日本の漢字音と中国原音の対照表を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢字が日本列島にやってきた
  • 第2章 "漢字文化"の伝来
  • 第3章 漢字・漢文学習の本格的な開始
  • 第4章 漢字文化の確立
  • 第5章 漢文の日本語化が始まる
  • 第6章 漢字"日本語化"の完成
  • 補章 日本漢字音と中国原音の関係を知るために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字伝来
著作者等 大島 正二
書名ヨミ カンジ デンライ
書名別名 Kanji denrai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 216, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004310318
NCID BA77994952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21104718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想