「日本国憲法」まっとうに議論するために

樋口陽一 著

「日本国憲法」を語る際の、最も基本的なキーワードや、概念の背景について、あらためて解説・吟味します。「国家」「国民」「個人」「人権」「主権」など、まっとうに議論するためには勘違いがあってはなりません。本書は日本を代表する憲法学者によるシャープな書き下ろし。いま、憲法について論ずるための本格的な入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 「憲法」とは-四つの八九年
  • 第2回 「人」としての権利(1)-個であることの「淋しさ」に耐える
  • 第3回 「人」としての権利(2)-自由と・または公正
  • 第4回 「市民」としての権利-公共社会を自分たちがつくる
  • 第5回 第九条-「汝、平和を欲すれば…」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日本国憲法」まっとうに議論するために
著作者等 樋口 陽一
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ マットウニ ギロンスル タメニ
書名別名 Nihonkoku kenpo mattoni gironsuru tameni
シリーズ名 理想の教室 / 亀山郁夫, 小森陽一, 巽孝之, 西成彦, 水林章, 和田忠彦 編
出版元 みすず書房
刊行年月 2006.7
ページ数 177p
大きさ 19cm
ISBN 4622083221
NCID BA77608775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21069297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想