健康・医療から考える公共性

市野川容孝, 金泰昌 編

医療者と患者のコミュニケーションとしての医療および健康から「生活世界」と「制度世界」を媒介する「公共世界」を捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 健康と医療と福祉 その社会的側面
  • 2 健康と医療と福祉における専門家支配論
  • 3 看護学から見た医療の公共性
  • 4 ケアの公共哲学-宗教社会学の観点から
  • 5 漢方医学からみる健康と公共性
  • 6 医療の質と公共性
  • 7 医療・福祉政策と公共性
  • 8 人間の健康と社会の健康
  • 9 一市民の立場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 健康・医療から考える公共性
著作者等 市野川 容孝
金 泰昌
書名ヨミ ケンコウ イリョウ カラ カンガエル コウキョウセイ
書名別名 Kenko iryo kara kangaeru kokyosei
シリーズ名 公共哲学 19
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2006.6
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4130034391
NCID BA77467491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21116796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想