名取洋之助と日本工房 : 1931-45

名取洋之助 作 ; 白山眞理, 堀宜雄 編

「日本工房」は、日本の写真・デザイン界の源流である。1931年にドイツで報道写真家になった名取洋之助は、1934年に木村伊兵衛、原弘、岡田桑三、伊奈信男を同人に誘って「日本工房」を設立。同人たちは脱退したが、再建後の「日本工房」には、山名文夫、河野鷹思、土門拳、亀倉雄策、藤本四八など、錚々たるデザイナーと写真家が集った。『NIPPON』『SHANGHAI』『GANTON』『カウパアプ・タワンオーク』などの対外宣伝誌を編集・制作しながら、「国際報道工芸」「国際報道」と名を変えていった「日本工房」の活動は、15年戦争の時代にほぼ重なっている。回顧展を機に、豊富な図版と詳細な年表によって、伝説のグラフィック制作集団の仕事を一望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本工房を率いた名取洋之助
  • 1 報道写真の夜明け(1931‐34.3)
  • 2 『NIPPON』創刊(1934.4‐37.8)
  • 3 国策と対外宣伝(1937.9‐41.11)
  • 4 拡散と消耗(1941.12‐45.8)
  • エピローグ(1945.9‐63)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名取洋之助と日本工房 : 1931-45
著作者等 名取 洋之助
堀 宜雄
白山 眞理
書名ヨミ ナトリ ヨウノスケ ト ニホン コウボウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.2
ページ数 15, 174p
大きさ 30cm
ISBN 4000241567
NCID BA75987005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想