国木田独歩宮崎湖処子集

国木田独歩, 宮崎湖処子 著 ; 藤井淑禎, 新保邦寛 校注

人生の「真実」を詩情豊かに描き出した二人の作家。独歩の死後刊行された手記『欺かざるの記』(抄)ほか、『源叔父』『武蔵野』、そして湖処子の『帰省』を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国木田独歩宮崎湖処子集
著作者等 国木田 独歩
宮崎 湖処子
新保 邦寛
藤井 淑禎
書名ヨミ クニキダ ドッポ ミヤザキ コショシ シュウ
シリーズ名 新日本古典文学大系 / 中野三敏, 十川信介, 延広真治, 日野龍夫 編 明治編 28
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.1
ページ数 559p
大きさ 22cm
付随資料 16p.
ISBN 4002402282
NCID BA75203863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20975958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想