材料・生産の近代

鈴木博之, 石山修武, 伊藤毅, 山岸常人 編

鉄・コンクリート・ガラス・アルミ-新しい建築材料の登場。工業化された生産システムの生み出した材料が、都市や建築の根本的な捉え方のみならず、技術や職能・教育の体系にまで変化をもたらす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 材料・生産の近代
  • 1 日本の建築家が鉄筋コンクリート造に見た可能性-形と技術のインターラクション
  • 2 メタル建築論-もうひとつの近代建築史
  • 3 初期工業化のもとでのイギリス建築-もたらされた「虚偽」をめぐって
  • 4 都市計画の誕生と都市計画思想の展開
  • 5 建築と機械
  • 6 デザインの誕生-「工芸」への批判的距離
  • 7 佐野利器論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 材料・生産の近代
著作者等 伊藤 毅
山岸 常人
石山 修武
鈴木 博之
書名ヨミ ザイリョウ セイサン ノ キンダイ
書名別名 Zairyo seisan no kindai
シリーズ名 シリーズ都市・建築・歴史 / 鈴木博之, 石山修武, 伊藤毅, 山岸常人 編 9
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.11
ページ数 417, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4130652095
NCID BA74345465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想