有明海の生態系再生をめざして

日本海洋学会 編

有明海生態系を再生するために、生態系の劣化を引き起こした環境要因を検討して、再生案を提案するのが本書の目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 有明海における物質循環と生物生産の特徴(有明海の概況
  • 物理 ほか)
  • 2章 開発行為(有明海における干潟の減少
  • ダム、川砂採取と河口堰
  • 諌早湾干拓事業
  • ノリ酸処理剤
  • 熊本新港)
  • 3章 有明海環境異変とその要因(諌早湾干拓などに伴う潮汐、潮流、海洋構造の変化
  • 有明海浅海定線調査データでみられる表層低塩分水輸送パターンの変化
  • 有明海の流れの数値シュミレーション
  • 水底質変化-ノリ漁業栄養塩・調整池水質と諌早湾水底質・有明海奥部貧酸素
  • 底質の変化)
  • 4章 有明海生態系異変とその要因(赤潮の大規模化とその要因
  • 底生動物相の経年変化
  • 魚類の変化
  • 獲得量の変化)
  • 5章 有明海環境変化と生態系異変の総括(有明海の漁業生産変動の特徴-瀬戸内海との比較
  • 有明海奥部の水質変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有明海の生態系再生をめざして
著作者等 日本海洋学会
書名ヨミ アリアケカイ ノ セイタイケイ サイセイ オ メザシテ
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2005.9
ページ数 211p
大きさ 26cm
ISBN 4769910231
NCID BA73505373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20878578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想