ドクター・ショッピング : なぜ次々と医者を変えるのか

小野繁 著

「頭が重い」「胃が痛む」「激しい動悸がする」など、はっきりした身体症状があるのに、病院で診察を受けると、検査の結果は「異常なし」。そんなはずはない、と患者は、別の医師、別の病院へと足を向ける。幾つもの診療科や病院を次々と渡り歩く行為、ドクター・ショッピングの始まりである。医療の高度化、細分化がもたらしたこの悪循環を断ち切るのは心身医学的医療、全人的医療をおいて他にはない、と本書は力説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パニック障害に見るドクター・ショッピング
  • 第2章 顔面、頭頚部に多いドクター・ショッピング
  • 第3章 病気に取り組む医師の姿
  • 第4章 病気の表現
  • 第5章 不定愁訴
  • 第6章 ストレスからくる病気
  • 第7章 加齢と病気の境目で
  • 第8章 ドクター・ショッピングと現代医療の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドクター・ショッピング : なぜ次々と医者を変えるのか
著作者等 小野 繁
書名ヨミ ドクター ショッピング : ナゼ ツギツギ ト イシャ オ カエルノカ
書名別名 Dokuta shoppingu
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.9
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 4106101343
NCID BA73423155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想