不屈のために : 階層・監視社会をめぐるキーワード

斎藤貴男 著

気鋭のジャーナリストが、身近な言葉からこの国の格差と監視社会の実態をあぶり出す。「勝ち組、負け組」「DNA」等の言葉から階層社会化を、「個人情報保護法案」「Suica」「住基ネットのICカード」等から管理・監視社会化を、「有事」他から戦争社会化を暴き出す。ひと握りの「勝ち組」が支配する超監視国家の姿が立ち現れる。文庫化にあたり最新事情についての未収録原稿を追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エリートと非エリートの格差を広げる言葉-不公平・階層社会化の証明
  • 2 なんでもツツヌケ社会の言葉-監視社会化の証明
  • 3 強者の言うなり社会の言葉-管理社会化の証明
  • 4 戦時シフトに慣らされる言葉-戦争受容化の証明
  • 5 思考停止に役立つ言葉-知性停滞の証明
  • 6 日本の近未来がわかる言葉-強者が指向する社会の肖像
  • 7 最新事情-文庫化のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不屈のために : 階層・監視社会をめぐるキーワード
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ フクツ ノ タメニ : カイソウ カンシ シャカイ オ メグル キーワード
書名別名 日本人を騙す39の言葉
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.6
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 4480420932
NCID BA72186021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20832551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想