ケガレの文化史

服藤早苗, 小嶋菜温子, 増尾伸一郎, 戸川点 編

ケガレという観念は決して過去のものではなく今日もさまざまな形で日本社会に浸透している。人々の暮らしの中であるいは社会的な儀礼や行事において日常の感覚とは次元の異なる禁忌(タブー)の意識が働く場合がある。本書では、ケガレの歴史的・文化的な形成過程を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "ケガレ"をめぐる理論の展開-序論
  • 1 物語(『日本霊異記』の性愛表現
  • "産む性"と禁忌-『今昔物語集』の「産ぶ女」たち
  • 鬼神を見る者-『今昔物語集』の陰陽師関係説話考)
  • 2 ジェンダー(巫蠱事件と女官-神護景雲三年の県犬養姉女事件を手がかりに
  • 性愛の不浄観とジェンダー-忠実夫妻の他屋と「断女」
  • 「穢れ」とする・されることの合意と差別の地政学)
  • 3 儀礼(天武朝期の新嘗と諸国大祓
  • 釈奠と穢小考
  • 祓う・浄める・鎮める-都市における王の舞の場所)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケガレの文化史
著作者等 増尾 伸一郎
小嶋 菜温子
戸川 点
服藤 早苗
書名ヨミ ケガレ ノ ブンカシ : モノガタリ ジェンダー ギレイ
書名別名 物語・ジェンダー・儀礼

Kegare no bunkashi
シリーズ名 叢書・文化学の越境 11
出版元 森話社
刊行年月 2005.3
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4916087518
NCID BA71320628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20766799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想