男たちの宝塚 : 夢を追った研究生の半世紀

辻則彦 著

宝塚歌劇団の創始者・小林一三は、男女共演の"国民劇"を創造しようとしていた。構想の実現へ向け、1945年に「男子研究生」第1期生が歌劇団に特設された男子部に入団。以来加入は4回を数えた。しかし、女子生徒やファンの反発などもあって、男子部は大劇場での本公演舞台に立つことなく、1954年に解散…。宝塚歌劇団90年の歴史に、新しい光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 手紙とはがき
  • 第2章 「国民劇」への夢
  • 第3章 男生ちゃん誕生
  • 第4章 喝采の陰で
  • 第5章 新しい「芸」
  • 第6章 それぞれの道
  • 最終章 そして、今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男たちの宝塚 : 夢を追った研究生の半世紀
著作者等 辻 則彦
書名ヨミ オトコタチ ノ タカラズカ : ユメ オ オッタ ケンキュウセイ ノ ハンセイキ
シリーズ名 のじぎく文庫
出版元 神戸新聞総合出版センター
刊行年月 2004.12
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 4343002950
NCID BA70064147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20725646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想