永遠の生命の世界 : 人は死んだらどうなるか

大川隆法 著

今から二千五百数十年前、中インドの釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタ(釈尊)は、人間にはなぜ「生」「老」「病」「死」の四苦の苦しみがあるのか、その問いへの答えを求めて出家した。本書が、釈尊の疑問への答えである。迷える宗教家への導きであると同時に、無明に生きる現代の医者や科学者への厳しい警鐘ともなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死の下の平等(なぜ宗教という分野の仕事があるか
  • 目に見える世界以外の力が働いている ほか)
  • 第2章 死後の魂について(質疑応答)(死期が近づいた人間の魂の様相
  • 死後、人間の魂はどうなるか ほか)
  • 第3章 脳死と臓器移植の問題点(真実を知る宗教家として、正論を述べる
  • ほんとうの死とは何か ほか)
  • 第4章 先祖供養の真実(先祖供養の意義
  • 先祖供養における注意点 ほか)
  • 第5章 永遠の生命の世界(この世は、かりそめの世界
  • 魂を鍛え、光らせるために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の生命の世界 : 人は死んだらどうなるか
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ エイエン ノ セイメイ ノ セカイ : ヒト ワ シンダラ ドウナルカ
書名別名 Eien no seimei no sekai
シリーズ名 OR books
出版元 幸福の科学
刊行年月 2004.4
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 4876885222
NCID BA69344099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20589745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想