ケアの生命倫理

平山正実, 朝倉輝一 編著

ケアということばは、医療、看護、福祉、心理、保健、教育、哲学、宗教などの分野で使われ、広く深い意味をもっています。本書は、ケアの意味を学際的立場から探ろうとした野心的な書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 看護の中のケア
  • 第2章 ターミナル・ケアについて-臨床死生学と臨床哲学との接点
  • 第3章 看護の質とケア
  • 第4章 患者は私に何を伝えようとしたか
  • 第5章 ブリコラージュ的介護に向けて-老いと介護の「脱構築」
  • 第6章 ケアとは何か-クーラ寓話を手がかりとして
  • 第7章 現代医療とケアの倫理
  • 第8章 終末期の患者像について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアの生命倫理
著作者等 平山 正実
朝倉 輝一
書名ヨミ ケア ノ セイメイ リンリ
書名別名 Kea no seimei rinri
出版元 日本評論社
刊行年月 2004.4
ページ数 172p
大きさ 21cm
ISBN 4535982295
NCID BA66693590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20705880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想