手形法・小切手法講義

服部育生 著

本書は、手形法・小切手法の全体像を、判例・通説の立場から、理論的側面を中心に論述したものである。判例や学説の見解が対立する重要な論点については、考え方のすじ道が正確に理解できるよう、多面的かつ詳細な説明を心掛けた。また手形・小切手は実務的には銀行取引と密接に関連しているので、当座勘定規定、銀行取引約定書および手形交換所規則等についても言及している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有価証券(総説
  • 有価証券の基礎理論)
  • 第2章 手形法・小切手法総論(法的意義および経済的作用
  • 手形行為 ほか)
  • 第3章 約束手形(振出
  • 裏書 ほか)
  • 第4章 為替手形(総説および振出
  • 引受その他の特則)
  • 第5章 小切手(小切手の振出
  • 譲渡および取立委任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手形法・小切手法講義
著作者等 服部 育生
書名ヨミ テガタホウ コギッテホウ コウギ
書名別名 Tegataho kogitteho kogi
出版元 泉文堂
刊行年月 2003.12
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 4793004105
NCID BA64912718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20525387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想