剣豪その流派と名刀

牧秀彦 著

時代を創り、時代を変え、時代を陰から支えた剣豪たち。時代小説や時代劇は言うに及ばず、コミックやゲームの題材としても取り上げられ、老若男女を問わず、その存在と生き様に惹かれてやまない。本書は、その剣豪とともに必ず語られる「剣術流派」と「刀」に注目してみた。剣術とは刀を扱うための"スキル"であり、刀は剣豪にとっての"ツール"である。どちらが欠けても剣豪は剣豪たり得ないのである。二天一流、新当流、示現流、巌流、一刀流、柳生新陰流、北辰一刀流、天然理心流…剣豪の流派五〇と、正宗、村正、孫六、虎徹、童子切安綱…名刀の刀鍛冶五〇を豊富なエピソードで紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 流派編(剣術
  • 居合
  • 様剣術)
  • 第2部 名刀編(古刀
  • 新刀
  • 新々刀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 剣豪その流派と名刀
著作者等 牧 秀彦
書名ヨミ ケンゴウ ソノ リュウハ ト メイトウ
書名別名 Kengo sono ryuha to meito
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.12
ページ数 294p
大きさ 18cm
ISBN 4334031773
NCID BA60246691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20362087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想