東京育ちの東京論 : 東と西の文化が共生する都市

伊藤滋 著

東京ほど鉄道とともに拡大した都市はない。維新ののち、上野駅に降り立った東日本の人たちと汐留駅(現新橋駅)から入った西日本の人たちは、それぞれに下町と山の手の文化をつくる。震災後、中央線と東横線の沿線開発によって罹災者たちが移動し、またそこに新しい文化が形づくられる。そして今や、新幹線が東京圏を半径三〇〇キロにまで拡げ、東京人の生活意識を持つ人は川越、船橋、厚木、大宮に及ぶ。「村落型巨大都市・東京」はどこへ向かうのか。都市計画の第一人者によるユニークな東京文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本列島の東西論
  • 第2章 東京の東西南北論
  • 第3章 震災後、拡大する東京
  • 第4章 戦後の住宅を提供した庶民地主
  • 第5章 埋立地の活用で日本経済復興を
  • 第6章 「東京」の中心は南進する
  • 第7章 「勝者」必滅、「生者」再生の街
  • 第8章 拡大する東京圏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京育ちの東京論 : 東と西の文化が共生する都市
著作者等 伊藤 滋
書名ヨミ トウキョウ ソダチ ノ トウキョウロン : ヒガシ ト ニシ ノ ブンカ ガ キョウセイスル トシ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4569616666
NCID BA5527436X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想