スポーツと政治

坂上康博 著

ナチ・オリンピックと呼ばれたベルリン五輪。ボイコットを余儀なくされたモスクワ五輪。天皇杯の下賜。スポーツによる思想善導政策。戦時下における外来スポーツへの弾圧。スポーツと政治の密接な関係を示すこうした事例をひとつひとつ掘り下げながら、それらを歴史的な文脈のなかでとらえる。それは、単なるスポーツと政治の関係を把握にとどまらず、スポーツを介しながら、私たちを近代天皇制や国民統合、ファシズム、戦争といった日本の近現代史のいくつかの重要なテーマへと導いていくはずである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スポーツと政治のデリケートな関係
  • 1 天皇杯の誕生-新しい皇室像とスポーツ
  • 2 「スポーツ狂時代」の国家戦略
  • 3 ナチ・オリンピック-第二次大戦への跳躍台?
  • 4 戦時下のメディアとスポーツ
  • 5 「冷戦」の時代とその終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツと政治
著作者等 坂上 康博
書名ヨミ スポーツ ト セイジ
書名別名 Supotsu to seiji
シリーズ名 日本史リブレット 58
出版元 山川出版社
刊行年月 2001.11
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 4634545802
NCID BA5431781X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20215952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想