囚われ人アントニオ・グラムシ

アウレリオ・レプレ 著 ; 小原耕一, 森川辰文 訳

政治哲学から国家論・文化論そして組織論まで、透徹した眼差しのマルクス読解によって、現代思想の問題群を先取りした革命家グラムシ。謎多き獄中の思索や苦闘など、豊富な新資料の開示から浮上する人間グラムシの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 村から大都市へ
  • 第2章 ジュリア
  • 第3章 獄中にて
  • 第4章 ある共産主義者家族のドラマ
  • 第5章 トリアッティとジュリアのあいだのグラムシ:感情と政治的理性のもつれ
  • 第6章 グラムシの共産主義
  • 第7章 釈放と終焉
  • 結論 グラムシの現代的意義とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 囚われ人アントニオ・グラムシ
著作者等 Lepre, Aurelio
小原 耕一
森川 辰文
レプレ アウレリオ
書名ヨミ トラワレビト アントニオ グラムシ
書名別名 Il prigioniero
出版元 青土社
刊行年月 2000.12
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 4791758552
NCID BA49428629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想